top of page

本当はどっちが大事?「あり方」と「やり方」

更新日:2023年8月2日

エグゼクティブコーチ北原万紀です。

今日は、

本当はどっちが大事?「在り方」と「やり方

についてお話しします。

私自身が、「やり方」より「あり方」が大事ですと

教えているのですが、


実は「在り方」よりも

「やり方」を優先した方がいい場合があります。



そもそも「あり方」と「やり方」は何でしょうか?

辞書では、「あり方」とは

1.ある物事の、当然そうでなければならないような形や状態。 物事の、正しい存在のしかた。 2.現にある、存在のしかた。ありさま。ありがたち。

となっていて、私が教えている人生の曼荼羅の中の

物事の実現プロセスのBe / Do / Have で言えば

主に状態(Be)のことを指します。


一方で「やり方」とは、

物事を行う方法。物事をする手段。しかた。 を指します。

つまり、Do(行為 / 方法)になるわけです。


それで、今日の本題の「あり方」と「やり方」なのですが


どちらが重要になるかですが

新人や「やり方」がわかっていない人に関しては

「やり方」から入り、量をこなす方が先と考えています。


なぜなら、やらないと、

なぜそのような様(さま)になるか

考え方やその状態になるプロセスがわからないからです。


セミナーで学んだ人たちで結果が出ない人に多いのが

「机上の空論」で、偽物の「あり方」を語ること。


(これは自分への自戒の念を込めてです)


というのが、やっている人の「あり方」

どんなことが起こっても、その状態を維持しようとする

本質的な「力(ちから)」が獲得できていますが


「やり方」がわからない人の「(偽)あり方」

本質的な「力(ちから)」が獲得できていないので

表面的につくった「あり方」はすぐに崩れてしまいます。


万象は常に変化し続けていて

無常(むじょう)の世界です。


どんな時もそうであり続けることができる「あり方」とは

変化の中でも構築・維持ができる

変化の中にあっても揺るがない「不動」を作り出します。


これが、人の「軸」とか「信念」と言われる

その人の本質を作る正体の一つです。


結果的には

これらの「あり方(Be)」と「やり方(Do)」があって

正しいプロセスを歩む

結果(Have)が手に入るようになっています。


この実現のプロセスが気になる方は

人生の曼荼羅のテキストとワークシートを活用ください。



textbook-and-worksheet-image
画像をクリックするとダウンロードページにリンクします

■電子版テキスト&ワークシート










textbook-and-worksheet-image
画像をクリックするとダウンロードページにリンクします

■国内配送テキスト&ワークシート https://nest4u.jp/products/mb002









また、8月2日(水)の20時からは

あるビッグゲスト無料セミナーを開催する予定です。

予定を空けておいてくださいね!




「やり方」を学び「あり方」をつくるため


あなたはどんな環境に身を起き

誰からそれを獲得しますか?

今日も読んでいただき、ありがとうございました。



◆“たったの5分で”あなたの人生とビジネスが加速し始める

意識周波数を調整する無料メールマガジン登録はこちらから↓↓


最新記事

すべて表示
bottom of page