top of page

「お金持ち嫌い」は損をしているかもしれない?


title-banner

お金持ちと聞いて、いいイメージを持ちますか?

それとも悪いイメージを持っていますか?


私は昔、「お金がほしい」と思っていながらも

経済的に成功した人を見ると、

羨ましいのに、ひがんでしまって


「世の中、お金ではない!」

自分からお金と距離を置いていました。



こんにちは、

エグゼクティブコーチの北原万紀です。


今日は、「お金持ち嫌いは損をしているかもしれない?」という話です。



キングコングの

西野さんが話していたことでもあるのですが

よくチケットやホテルにある「VIP」という特別待遇。


辞書をひくと

要人(Very Important Person) - 「非常に重要な人物」の意



航空券のビジネスクラスやファーストクラスですが

エコノミーに比べると、2倍以上します。


席は広いし、出てくる食事も違うし

キャビンアテンダント一人当たりの

サービスする顧客数も違うし・・・

「贅沢して・・・・・」とひがみたくなるのですが


西野さんによると


“飛行機の運行に関わる売り上げの8割以上は

ファーストクラス、ビジネスクラスといった

プレミアシートになっているんですね。


つまりところ、

エコノミークラスの売上では飛行機は飛べない。

赤字になるわけですね。”


とおっしゃっていまして


実際に私がイベント集客をする際にも

VIP席を作ります。


(VIP席にはこれでもか!という特典もつけるので

むしろ「割安感」すらあります。)


さて、お金持ちを毛嫌いすると

支払い能力がある人たちと疎遠になっていきます。



講座の中でもお話しするのですが

同じ仕事をして、高く買う人と安く買う人がいた時


あなたはどっちに売りますか?



また、買い手になった時

同じ仕事をして、高く売る人と安く売る人がいた時


あなたはどちらから買いますか?



販売力をつけること

購買力をつけることは

あなたのお金の取引量を増やすことですから


お金もちが嫌い

お金を持つことが嫌いな人は

なかなか取引量が増えず

お金とどんどん疎遠になっていきます。



もし、あなた一人しかいない世界では

何億円あろうとお金は価値がありません。



お金や財宝は食べられませんが

お金はモノやサービスと交換できるから

価値があるというのがその本質です。


つまり、お金を持っているのは

交換できるものが多いということですね。



“たったの5分で”あなたの人生とビジネスが加速し始める

意識周波数を調整する無料メールマガジン登録はこちらから↓↓


閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page